Simple Stripe Checkout

2020年 11月 09日

制限付きAPIの推奨設定

20220603更新

Simple Stripe Checkoutは、決済システムをAPIで連動して使いますが、シンプルな機能だけ使っているプラグインなので全ての機能を付与しなくてもご利用いただけます。そこで必要最低限の機能に制限した「制限付きキー」のご利用を推奨しています。

制限付きキーを作成できるページ

開発者 > APIキー のページで「制限付きのキーを作成」をクリックして作成が可能です。

設定する箇所

以下の権限を付与します。Authorizationsだけ読み取り権限になります。

Charges 書き込み権限
Customers 書き込み権限
Products 書き込み権限
Customer portal 書き込み権限
Prices 書き込み権限
Subscriptions 書き込み権限
Authorizations 読み取り権限
Webhook Endpoints 書き込み権限

サンプル

API設定サンプルPDF ※2022年6月時


関連記事はこちら